チャートステーション

音楽チャートの分析を主として、日本の音楽界の最新情報をお届けします。

週間予測の方式解説

当サイトでは、主に週間アルバムチャートのトップ5を毎週予測していく。オリコンが公式に発表するデイリーチャートを利用して予測するのだが、ここではその一連の流れを見ていただきたい。

[記事全文]

累積初動比の計算方法

初動売上以降、どれくらい上乗せしたかを、「初動の○倍」という形式で表す方式である。1週目の売上と、2週目以降の売上の比率を計算するわけである。こちらは簡単。まず「名もなき詩」の累積は230.9万枚として、初動は120.8万枚なので累積が初動のどれくらいの割合なのかを知りたいので除法。

 

230.8÷120.8=1.91…

 

つまり、累積は初動の1.9倍、累積の半分以上は初動であるのだ(最近のシングルはこれより格段にひどいがwww)。

下落率の計算方法

先述のように、チャート上の情報をいろいろな分析に使う場合、計算が必要な場合がある。しかし私のように理系に疎い方々も多いと思われる。そこでいろいろな場合に役立ちそうな公式?を整理してみた。

[記事全文]

10/07/19付アルバムチャートの途中経過(木曜付まで)

今週の順位争いも半分以上が過ぎた。残る3日間でどのような動向をみせるのだろうか。

以下は分析結果です。木曜付までの売上を加算しています。いわば、週間結果の暫定版です。

[記事全文]

ミスチル「名もなき詩」の下落率


歴代初動ナンバー1の栄光の記録をもつことでばかり有名なこのシングル。輝きしか放っていないようだがその裏には案外暗い現実も…!?

[記事全文]

2週連続1位について語る

2週連続1位(ここではシングルについて語る)はここ最近見ていない。Mr.Childrenの「HANABI」以来ない。合算週含めばあるようだが、それは除外する。正式な週間チャートではないから。最近は2週目に粘れる作品がないことや、毎週大量の新譜がリリースされ、毎週最低1組は週間1位が有力とされる強豪がいるためそうなるのだ。

 

 しかし、また昔の話になるが、かつて2週連続1位(それだけとは言わずに複数週連続1位)は結構あったのだ。毎週1位が初登場となる現代のような現象はなかった。それは昔の作品が2週目以降粘れること、新譜リリースが少なかったことに起因していたと思う。(皆さんもご存じのとおり、複数週連続首位の記録は多数ある。最長はチャゲアスの13週連続である。)

 

 なぜ昔新譜リリースが少なかったかといえば、昔はシングルは今とは比べ物にならないほど売れていたから、CD関連企業たちは十分潤っていたからで、最近はCDが売れずに儲けられない不足分を大量リリースによって補っているのではと思えてくる。特に、今年のバンプ、放課後ティータイム、RADWIMPS、嵐など、今年は同時に複数の作品をリリースする例が顕著だ。

 

 そういうことで、チャートの週間1位は最近初登場で埋め尽くされている。旧作の1位はレアな感じがある。別に旧作が前週からの1位をキープするのみならず、前週の2位以下からランクアップしてという形でも十分珍しい。

 

 ではどうすれば実現するのか。シングル乱発は収まりそうにない。では旧作に粘ってもらわねば。たとえば、来週も嵐が粘って週間1位になってくれれば、ということ。しかし、来週は浜崎あゆみの連続1位の大記録がかかっているから、万一嵐が優勢になってもエイベックスは週末にかけて攻勢を仕掛けてくると思われる。来週も注目の1週間。嵐には初動週以外にも、チャートファンたちを騒がせてほしい。

嵐のベスト盤、SMAP超えなるか?

昨夏リリースされ、爆発的な初動をたたき出し大ヒットとなった嵐のベスト盤「All the BEST!1999-2009」。本作は売上ペースが落ちてからの粘りが凄まじく、発売から1年経とうとする現在でも週間トップ50にランクインし続けるロングセラーとなっている。その効果で、累積は現在171.0万枚にまで達しており、昨年の年間1位に続き、今年の年間チャートにもトップ20入りする可能性がある(現在までの今年度売上は27.7万枚)。

 

そこで一つ注目点が浮かび上がってくる。それは同じジャニーズ事務所の大先輩、SMAPのベスト盤との対決である。SMAPのベスト盤「Smap Vest」は2001年にリリースされ、見事というかギリギリというか、初動ミリオンを達成、しかし粘りは昨年の嵐を下回り、現在までの累積は178.4万枚となっているようだ。

 

御覧の通り、両者の差は約8万枚である。嵐の現段階の売上ペースでは追いつくのにかなりの期間を要する。しかし、今年5月にトリプルミリオンを達成したコブクロのベスト盤並みの粘りを発揮すれば、追いつきさらに売上を伸ばし続ける可能性は十分ある。

 

嵐が178.4万枚ラインを突破した時点で、ジャニーズに所属するアイドルグループのアルバムとしては史上最高の売上となる。場合によってはダブルミリオンまで視野に入れようという嵐の今後の推移に注目である。

 

ブログの概要

このサイトは、毎日発表されるオリコンデイリーチャートを分析し、週間結果を予測する作業(主にアルバムチャート)を中心に、日々オリコンチャートを眺めている筆者が考えたことを書き連ねるものです。ブログ初心者の拙い筆者ではありますが、尊敬するThe Natsu Style様のような素晴らしいサイトを自分でも運営できたらと考えつつ、日々努力を惜しまない所存です。

 

筆者はブログ初心者であり、週間予想の能力も高いとは言えません。よって、週間予想の範囲は週間トップ5を原則としています。筆者の力量が上がってくれば、範囲拡大も考えております。更新頻度も、今のところ確定しかねます。現在は試行期間としてお考えください。今後は、チャート予測のミニサイトとして閲覧いただければ幸いです。

 

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ