・今週のドリカムは売上アップが止まらない。
・今週のアルバムランキングで、すでに2週連続、通算5週目の1位を6週目にして獲得することを確実としている、ドリカムのベスト盤「DREAMS COME TRUE THE BEST!私のドリカム」であるが、日々の推移を観測すると、どうやらお盆による特需とでもいおうか、かなり売上アップの傾向がみてとれる。ベスト盤だけあってライト層にも手に取りやすいこともあり、売上は未だ好調だ。

具体的には、月曜付から金曜付まで、一度も売上を落としていない。常に右肩上がりとなっている。また、回復幅も日々大きくなっているようだ。このような推移は通常の平日ではまずありえない動きである。まさにこの時期ならではである。

ただ、今週好調なのはドリカムだけであるようで、3位はすでに約800枚。1位とそれ以下の差が大きく乖離するのは最近よく見られる特徴ではあるが、なんとも寂しいものである。

ドリカム・6週目推移(月~金)
*3524
*3844
*4199
*4268
*5287

21122(合計)

今週も金曜までに2万を突破。残すは土日のみであり、一週間を売上ダウンなしで乗り切るのか注目。日曜に大きく回復することがあれば、先週の3.2万に近い水準となる可能性もある。

・他、金曜のデイリーでは、三代目JSBの「PLANET SEVEN」がついにデイリー10位までアップ。1月発売ながら、ロングヒット、低レベル化、お盆効果が相まってついにトップ10返り咲きとなった。年間1位を独走し、累計も80万を突破しているが、カラオケ人気や本人の人気が収まらず、アルバムもよく売れる好循環が続いている。

9位にはカーリーレイ・ジェプセン「エモーション」が浮上。「アイ・リアリー・ライク・ユー」が配信でヒットしており、アルバムも前作ほどではないが売れている。この他アルバムランキングにはロングヒットが多数あるが、3位は800枚台であり、決して売上は高くない。