・今週は通常補正について。
・先週は輸入盤補正について確認したが、今週は邦楽の作品で、ほぼすべての作品に加算される、通常の補正について確認する。最近の作品から順にみてみる。


Kis-My-Ft2「I SCREAM」
累積22.7万枚→初動24.4万枚
補正約1.07

Various Artists「HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM」
累積25.4万枚→初動25.8万枚
補正約1.02

コブクロ「TIMELESS WORLD」
累積11.3万枚→初動11.4万枚
補正約1.00

乃木坂46「それぞれの椅子」
累積27.5万枚→初動27.5万枚
補正約1.00

きゃりーぱみゅぱみゅ「KPP BEST」
累積5.2万枚→初動5.2万枚
補正約1.01

aiko「May Dream」
累積6.8万枚→初動6.9万枚
補正約1.01

2PM「GALAXY OF 2PM」
累積9.6万枚→初動9.6万枚
補正約1.00

小田和正「あの日あの時」
累積13.0万枚→初動13.1万枚
補正約1.01


ある程度振り返ってみたが、まとめると、最近の補正は非常に低い。中でも顕著なのが、上記の乃木坂46にいたっては、デイリーの合計から初動のあいだに、わずか12枚しか加算されなかったのである。最近は補正が低い傾向にあったようだが、ここまで補正が低いというか、これは補正がないに等しいものである。数年前であれば、デイリーの合計から初動の発表までに、必ず1.01ほどの補正は加わっていたのであるが、昨今ではデイリー集計店舗が増加したのか、デイリーの精度が向上しているのか、補正がほぼない例まで出ていることになる。これはこれで現代の特徴ともいえる。

また、キスマイの最新アルバムの補正がそれとは対照的に、1.07以上にまで上っているのも興味深い。ジャニーズの、それも新作の場合、嵐を筆頭に補正が高騰するケースは数多く、数年前から変わっていない。デイリー集計店舗以外にも、ジャニーズの場合は専門ショップなどがあるのかもしれない。webでの販売の可能性もある。

つまり、最新の結果を遡った結果、補正が低い作品はとことん低くなり、逆に補正が高い作品については変わらず高いままという、二極化が進行していることになる。補正については、輸入盤も含めれば、アーティストによってもはや千差万別であり、おおよその傾向はあるものの、完全に固定化されているわけでもない、曖昧なものでもある。補正についても、毎々検証すれば何か法則のようなものが浮かび上がるのだろうか。