・今週もアルバムランキングについて。
・今週もランキングを振り返ってみる。今週のアルバムも低レベルにより、首位は2.2万枚で獲得されている。先週に続き、実にレベルは低い。


*2位…GReeeeN「ALL SINGLeeeeS & New Beginning」
初登場3位→2週目1位に続き、3週目も低レベルの影響で1位をとれるかと期待されたが、今週の1位は2.2万枚必要だった。ちなみにグリーンは2.0万枚だった。ただ、先週2.1万枚だったことを考えれば、驚異のキープなのである。映画効果もあり、実に粘っこく順調に売れているようであるが、累積は9.0万枚。全盛期にはミリオンだったグリーンにしては、やはり低い水準である。
この通りアルバムも売れているが、映画の方で主役を演じている俳優陣によるシングルも売れている。そのグリーンボーイズ名義のシングル「グリーンボーイズ(声/道/キセキ)」は、アルバム同様発売以降3週連続トップ10入り。累積7.2万枚。グリーン関連の一連の作品の動きに、今後も注目したい。

*5位…back number「アンコール」
同時期に発売だったSMAPを未だ順位で上回り続ける勢いをキープしているバクナンが、今週も上位を維持している。スマップ同様のロングセラー。また、バクナンはカラオケランキングでも好調ぶりが顕著である。これまでは「クリスマスソング」「高嶺の花子さん」「ヒロイン」「花束」といったシングル曲がカラオケランキングに定着していたが、この2か月くらいのあいだは新たに「ハッピーエンド」が上位進出を始めている。順位も上昇傾向にあるようだ。こちらも映画主題歌となり若者を中心に支持を集めている様子。彼らの人気ぶりも相当なものである。カラオケランキングに登場する作品数も実に数多い。

*6位…Suchmos「THE KIDS」
今週も売上を伸ばし、累積10万枚を突破した。先週まで2週連続2位だったが、結局1位をとることなく順位を落としている。ただ売れ行きがいいのは間違いない。

*8位…SMAP「SMAP 25 YEARS」
今週の売上は1万枚を割っている。初動66万→2週目27万までの流れは強烈だったものの、その後の3週目以降が思わしくないようである。しかしベスト盤だけに粘る可能性は高いため、今後の動きは読めない。